オリジナル飴をグッズとして!【世界にたった一つの飴】

  • オリジナルの飴

    普段から飴を持ち歩いている方は多いでしょう。様々な種類がありますが、近年ではオリジナルの飴を注文して作ってもらうこともできるようになっているので、多くの方が利用しています。

    ▶もっと読む

  • 食卓を一味違うものに

    食事会やホームパーティといった場面でも出前のサービスを利用する事が出来ます。銀のさらでは、お店で食べられるお寿司を出前で注文することによって、自宅や会場で味わうことが出来ます。

    ▶もっと読む

  • 食卓デリバリー激戦

    レストランや料理やといった所で、デリバリーサービスが増え続けています。自宅に居ながらレストランの本格的な味が楽しめると話題になり、今後も需要は伸び続けていくと思われます。

    ▶もっと読む

飴をオリジナルで

懐かしの駄菓子がかわいいPRグッズに

日本の伝統的な和菓子の1つに「組み飴」があります。 組み飴とは切っても切っても同じ絵柄が出てくる、いわゆる「金太郎飴」のことです。 最近ではこの組み飴を、オリジナルのデザインで作ってくれるサービスがあります。 例えば寿の文字で作ってもらい、結婚式の引き出物に添えたり、オリジナルのゆるキャラや会社名をデザインして販売促進グッズとして配ったり、使い方は色々です。 このオリジナルな商品は大手企業なども注目し、TVでも取り上げられました。 もちろん一般販売もされており、世界に1つだけの手作り飴を手にすることが出来ます。 組み飴だけではなく、好きな形で作ってくれる企業もあり、オリジナルノベルティグッズとしても今後需要が見込まれる、新しいCMのスタイルになるかも知れません。

新規参入から老舗まで

このオリジナル製品を扱う業者は、少しずつ増えています。 専門的に扱う店から、地釜で丹念に煮詰めて作る、昔ながらの製法を守る京都の老舗製菓店まで、様々な企業が取り扱っています。 日本の飴の歴史は1000年以上前からとされていますが、主原料が砂糖ですので、昨今のダイエットブームに押されがちとなり、バブル崩壊を境に需要が減少傾向にあります。 健康食品やのど飴、健康ブームで流行の食材などを取り入れた商品で盛り返している用ですが、根本的には需要が減る傾向にあるようです。 生き残りをかけた戦略というと殺伐としているようにも思えますが、時代のニーズに合わせて、伝統菓子も形を変えて、日本人の日常にいつまでも寄り添っていると言うことかも知れません。

  • パーティー会場で活躍

    ケータリングを上手に活用する事で、パーティー成否が別れるといっても過言ではありません。美味しい料理を手配する事で、会場での話もより弾みパーティーを楽しい物にする事が出来ます。

    ▶もっと読む

  • 豪華な料理

    年末年始といったイベントでは、かに本舗でのかに料理がオススメです。年の瀬に豪華な料理を頼む事で、一年を楽しく締めくくることが出来ます。本場北海道の味を満喫して満足度の高いイベントにしましょう。

    ▶もっと読む